RESEARCH

  • 2022(令和4)年度
    査読付論文

    道路占用許可関連制度の網羅的傾向と変遷からみた緩和規定の特徴及び課題―道路占用許可の特例、国家戦略道路占用事業及び道路協力団体制度を対象として―|泉山塁威、宇於﨑勝也|日本建築学会計画系論文集, 第88巻, 第804号, 2023年2月掲載予定

    日本建築学会計画系論文集 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    口頭発表

    歩行者利便増進道路制度における指定路線の空間的特徴-利便増進誘導区域指定位置と歩車分離の方法に着目して-|飛田龍佑、福井勇仁、森本あんな、泉山塁威|令和4年度(第66回)理工学部学術講演会、日本大学理工学部、2022年12月

    日本大学理工学部学術講演会 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    口頭発表

    ウォーカブルシティ形成に向けた駐車場法の特例制度の特徴の比較-駐車場集約・適正化関係制度に着目して-|川尻雄貴、橘奏絵、染矢嵩文、泉山塁威|令和4年度(第66回)理工学部学術講演会、日本大学理工学部、2022年12月

    日本大学理工学部学術講演会 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    口頭発表

    国内におけるスマートシティの取り組み分野の傾向把握|松本虎之介、江坂巧、泉山塁威|令和4年度(第66回)理工学部学術講演会、日本大学理工学部、2022年12月

    日本大学理工学部学術講演会 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    口頭発表

    「都市公園における公民連携制度」を導入する都市公園の傾向|竹中彩、水信夏穂、溝口萌、泉山塁威|令和4年度(第66回)理工学部学術講演会、日本大学理工学部、2022年12月

    日本大学理工学部学術講演会 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    口頭発表

    官民連携まちなか再生推進事業におけるエリアプラットフォーム構築の傾向|小野寺瑞穂、一之瀬大雅、泉山塁威|令和4年度(第66回)理工学部学術講演会、日本大学理工学部、2022年12月

    日本大学理工学部学術講演会 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    口頭発表

    千代田区における景観行政の変遷に関する研究-景観法施行と景観行政団体移行に着目して-|宇於﨑勝也、泉山塁威|令和4年度(第66回)理工学部学術講演会、日本大学理工学部、2022年12月

    日本大学理工学部学術講演会 宇於﨑ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    査読付論文

    ウォーカブル推進に向けた計画・事業及び指標に関する傾向-まちなかウォーカブル区域指定の53自治体の分析を通じて-|森本あんな, 薄井まどか, 泉山塁威, 宇於﨑勝也|日本都市計画学会・都市計画論文集Vol.57 No.3, pp.606-613|2022.10

    日本都市計画学会都市計画論文 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    査読付論文

    公共空間におけるバスカー制度の可能性と課題―東京都「ヘブンアーティスト事業」、柏市「ストリートミュージシャン登録制度」及びメルボルン市「Busking Permits」との比較を通じて―|泉山塁威、猪飼洋平、松川真友子|日本建築学会計画系論文集, 第87巻, 第800号, pp.1975-1986, 2022年10月

    日本建築学会計画系論文集 泉山ゼミ

  • 2022(令和4)年度
    報告集

    中心市街地活性化における中心市街地活性化制度の課題と可能性ー認定基本計画・独自基本計画の達成度評価の分析を通してー|溝口萌, 池田采可, 泉山塁威, 宇於﨑勝也|日本都市計画学会・都市計画報告集21巻 2号 pp.251-257, 2022.9

    日本都市計画学会都市計画報告集 泉山ゼミ

CONTACTCONTACT

都市計画研究室にご用件のある方は
ご気軽にお問い合わせください。